menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  2. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  3. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  4. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
  5. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのアイメイ…
  6. お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸
  7. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔
  8. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジングの…
  9. 水クレンジングのメリット・デメリットと人気のおすすめ水クレンジング
  10. 男を磨くメンズ洗顔の選び方とおすすめのメンズ洗顔料
閉じる

BeautyTokyo✨💕

クレンジングオイルの使い方とおすすめのクレンジングオイル

皆さんはメイク落としにどのようなクレンジングを使っていますか?

ジェルタイプやクリームタイプなどクレンジングには様々な種類がありますが、そんなクレンジングの中でもクレンジングオイルは、特にメイクを落とす力が高いのです。

普段、しっかりメイクをしているので、使用するクレンジングはできるだけ洗浄力が高いものがいい!という方のために、ここでは、クレンジングオイルの正しい使い方と選び方、さらに、おススメの人気クレンジングオイルをいくつかご紹介させて頂きたいと思います。クレンジングオイルの使い方について詳しくなりたい方や、クレンジングオイルを使ってみたいけれど、どんな商品がおススメなのか知っておきたい!という方はぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

クレンジングオイルとは

biyou_cleansing1

クレンジングオイルとは、メイクを落とすときに使用する洗浄力の高いオイルのことです。クレンジングオイルには、油分と界面活性剤などが含まれており、油分は、油性のお化粧を浮き上がらせ、界面活性剤は浮き上がらせたお化粧や汚れをお肌から落とす働きをします。

クレンジングオイルは上記でもすでにご紹介しましたように、他のクレンジングと比較すると洗浄力が高いので、ナチュラルメイクはもちろん、濃い目のメイクもすっきり洗い流すことができます。

クレンジングオイルが向いている肌質

biyou_tsurutsuru1

クレンジングオイルは他のクレンジングと比較すると洗浄力が高い分、お肌への刺激が強いため、乾燥しやすいお肌の方や、敏感肌の方は、お肌の状態に注意をしながら使用しなくてはいけません。

また、クレンジングオイルを好んで使っている人も、メイクはその日のうちに必ず落とすようにしましょう。目に見えるメイクだけでなく、排気ガスやほこりなど、肌には沢山の汚れが付いた状態になっています。どんなに疲れていても化粧を落としてから寝ることが、美肌をキープするためのポイントです。

クレンジングオイルの正しい使い方

biyou_cleansing_oil1

クレンジングオイルを使用してメイク落としをするときには、まず、ハンドソープを使用して手をしっかり洗い清潔な状態にしましょう。手についた菌をしっかり洗い落としてからメイク落としをしないと、様々な肌トラブルが発生する場合があります。手をしっかり洗ったら、コットンにクレンジングオイルをしみこませて口紅やアイメイクなどのポイントメイクをきれいにふき取りましょう。

すべてのメイクを一度に落とそうとしても、簡単には落ちにくく、無理に落とそうとゴシゴシこするとお肌に負担がかかるので、最初にポイントメイクをきちんと落としておく必要があります。ポイントメイクを落としたら、手のひらにクレンジングオイルを適量出します。

もし、使用されるクレンジングオイルが乾いた手のひらで使用するものであれば、手についた水分を乾いたタオルでふき取ってからオイルを出しましょう。お風呂場や濡れた手でも大丈夫と記載されている商品であっても、手についた水分はふき取っておいたほうが効果的です。それは、クレンジングオイルに水分が加わってしまうと、洗浄力が落ちるため、メイクを落とすためにお肌をこすりすぎ、傷ついてしまう可能性があるからです。

クレンジングオイルを手に取ったら、まずTゾーンからクレンジングオイルをなじませます。次に、少量の水を手に取り、クレンジングオイルを乳化させたら、顔全体に乳化させたクレンジングオイルを優しくなじませます。顔全体にクレンジングオイルがなじんだら、ぬるま湯で顔を洗い流します。

水で洗い流すとクレンジングオイルが固まってしまう可能性がありますし、熱いお湯だとお肌に必要な油分まで洗い流してしまう可能性がありますので、クレンジングオイルを洗い流すときは必ずぬるま湯で洗い流しましょう。

クレンジングオイルをきれいに洗い流したら、しっかり泡立てた洗顔料を使用して洗顔し、落としきれなかったメイクとクレンジングオイルを落としましょう。洗顔後のお肌は、メイクと一緒に潤いも奪われていますので、ゴワゴワしたタオルでなく、柔らかいタオルで優しく水分をふき取りましょう。これで、クレンジングオイルによるメイク落としは完了です!

クレンジングオイルの選び方

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s[1]

クレンジングオイルはジェルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプのクレンジングと比較すると、洗浄成分である界面活性剤が多く含まれています。この界面活性剤が含まれているゆえに洗浄効果が高いのですが、その分お肌への刺激が強くなります。

クレンジングオイルを選ぶときには、できるだけ界面活性剤はもちろん、着色料や鉱物油などを含まない低刺激の無添加処方のクレンジングオイルをチョイスするようにしましょう。

おススメのクレンジングオイル

クレンジングオイルを使用してメイク落としをしてみたいけれど、どんな商品が良いのかわかならい・・・という方のために、お肌にも優しく洗浄力も高いと人気のおススメクレンジングオイルをいくつかご紹介させて頂きます。

1. カウブランド無添加 メイク落としオイル 150ml 512円

このカウブランド無添加メイク落としオイルは、鉱物油を使用せず、パーム油からできた植物性オイルを使用して作られているお肌に優しい無添加のクレンジングオイルです。

お肌に軽くなじませるだけで、汚れやメイクを素早く浮き上がらせるので、濃いメイクもすっきり残さず落とすことができます。乾いた手はもちろん、濡れた手で使用してもOKなうえにプチプライスな点も嬉しいですね。

2. DHC 薬用ディープクレンジングオイル 200mL 2,675円

このDHC薬用ディープクレンジングオイルは、高品質のオリーブバージンオイルをベースにローズマリーなどを配合した、無香料、無着色、無鉱物油のお肌に優しい無添加な薬用クレンジングオイルです。

毛穴の中に詰まった汚れやメイクとともに古い角質も浮き上がらせ、落とすので、メイク落としはもちろん、お肌のくすみも改善してくれる効果が期待できます。

3.コーセー ソフティモ ディープ クレンジングオイル 230mL 476円

このコーセーソフティモディープクレンジングオイルは、オレンジ油や米ぬか油成分を配合している、無添加・無着色のお肌に優しいクレンジングオイルです。角栓クリア成分が配合されていますので、毛穴の中に詰まった頑固な角栓もこのクレンジングオイルを使用すれば、メイクとともにきれいに落とすことができます。

洗浄力も高いので、ウォータープルーフのマスカラもきれいに落とすことができる点も嬉しいですね。価格もワンコインで購入できるプチプライスなお財布に優しく洗浄力も高い人気のクレンジングオイルです。

4. ロート製薬 肌研 極潤 オイルクレンジング 200mL 753円

この肌研の極潤オイルクレンジングは、お肌に優しい高純度のオリーブオイルが配合されているウォータープルーフのマスカラもすっきり落とせる洗浄力の高いクレンジングオイルです。

保水力の高いスーパーヒアルロン酸や、肌吸着型ヒアルロン酸が配合されていますので、洗い上がりのお肌の潤いをキープすることができます。価格も200ml配合で753円とかなりお求めやすい価格な点もこのクレンジングオイルのおススメポイントです。

5. ポンズ ポアホワイト クレンジングオイル 150ml 614円

このポンズのポアホワイトクレンジングオイルは、毛穴の黒ずみをしっかり落としてくれる黒ずみキャッチ成分が配合されている毛穴の黒ずみが気になる方におススメのクレンジングオイルです。

ホワイトアミノという保湿成分も配合されていますので、洗い上がりのお肌の潤いをキープしてくれる効果も期待できます。乾いた手でも濡れた手でも使用可能なグリーンティーシトラスのアロマが心地よい、オイリー肌用のクレンジングオイルです。

クレンジングオイルを使う時の注意点

注意点

クレンジングオイルを使うときに注意しなくてはいけないポイントのひとつは、クレンジングオイルを使用してのメイク落とし時にマッサージも一緒にしてはいけないという点です。

クレンジングオイルは、マッサージ用でなく、メイク落としをするために作られたアイテムなので、クレンジング中に一緒にマッサージしてしまうとお肌に負担がかかり、お肌が傷ついてしまう可能性があるからです。マッサージをしたいのであれば、クレンジング終了後専用のマッサージクリームを使用してマッサージしましょう。

また、クレンジングオイルを使ってクレンジングするのは、日焼け止めやメイクなど油性の汚れがついた時だけにしましょう。クレンジングオイルは、油性の汚れを落とすものなので、油性の汚れがないときに使用すると余分な潤いまで奪ってしまう事になり、お肌に負担がかかってしまうことになります。

クレンジングオイルは使用量をケチると肌への摩擦が増えることになり、お肌を痛めてしまう原因となりますので、量はケチらず商品に表示されている目安量を使用し、それでも落ちないときには、量を増やしてクレンジングしましょう。上記でもすでにご紹介しておりますように、いくら洗浄力が高くても、お肌に合わない場合は使用を控えるようにしましょう。

クレンジング後のスキンケア方法

顔の手入れ

オイルクレンジング後、しっかり泡立てた洗顔料で残ったオイルや汚れをきれいに洗い流し柔らかいタオルで水分をふき取ったら、お肌の保湿ケアをしましょう。

オイルクレンジングに潤い成分が配合されているといっても、そのまま放置するとお肌が乾燥してしまいますので、オイルクレンジング後は、必ず化粧水や乳液を使用してお肌の保湿をしましょう。

クレンジングオイルは日焼け止めやメイクをしたときだけ!

クレンジングオイルは、油性のメイク落としをするためにアイテムなので、油性の日焼け止めやメイクをしたときのみ使用しましょう。それ以外の時に使用すると、その洗浄力の高さゆえにお肌を痛めてしまう可能性がありますので、注意しましょう。自分のメイクや肌質に合ったクレンジングを使うことが美肌をキープするための近道です。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. 知って得するクレンジングジェルの使い方とおすすめのクレンジングジ…

  2. 水クレンジングのメリット・デメリットと人気のおすすめ水クレンジン…

  3. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果…

  4. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法

  5. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのア…

  6. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジ…

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 目元をパッチリさせて印象をアップさせるためにマツエクをつけている人は多いと思います。ただし、…
  2. クレンジングバームご存じですか?ドラッグストアなどのお店で様々なクレンジング商品が販売されて…
  3. 毛穴の黒ずみってとっても気になりますよね。黒ずみを隠すために、ファンデーションを厚塗りする方…
  4. 普段、洗顔の時には洗顔フォームのみで洗顔していて、洗顔ブラシをつかって洗顔するとお肌がきれい…
  5. 目元のメイクってとっても重要ですよね!ですから、「アイメイクには特に気合が入る!」という方も…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る