menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  2. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  3. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  4. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
  5. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのアイメイ…
  6. お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸
  7. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔
  8. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジングの…
  9. 水クレンジングのメリット・デメリットと人気のおすすめ水クレンジング
  10. 男を磨くメンズ洗顔の選び方とおすすめのメンズ洗顔料
閉じる

BeautyTokyo✨💕

お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸

朝晩、洗顔するときに欠かせない洗顔料。洗顔料にはフォームタイプやリキッドタイプの洗顔料など様々なものがありますが、洗顔石鹸も実はとても人気があります。そんな洗顔石鹸の魅力や洗顔フォームと洗顔石鹸の違い、自分に合った洗顔石鹸の選び方やおすすめの洗顔石鹸をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

洗顔石鹸にはどんな魅力があるのか、洗顔石鹸を使用するのであればどのような商品を選べばよいのか知っておきたい方はこの記事を読んでみてくださいね。

洗顔石鹸の魅力

石鹸

洗顔石鹸は、一般によく使用されているフォームタイプやリキッドタイプの洗顔料と比較するとお肌に優しく、お肌本来の働きを引き出してくれる点が魅力の洗顔料です。

一般的に洗顔石鹸には添加物がそれほど多く含まれていないため、肌の真皮に対する影響が少なく、お肌が乾燥しやすい方や敏感な方にとって理想的な洗顔料です。

洗顔フォームと洗顔石鹸の違いや特徴

合成界面活性剤の使用度が低い

洗顔石鹸は洗顔フォームと比較すると合成界面活性剤の使用度が低いため、お肌に洗顔料の影響が残りにくいのが特徴です。

洗顔フォームに含まれている合成界面活性剤は、すすぎ洗いした後もお肌に影響を与えるため、肌トラブルを引き起こす原因となったりします。その点、洗顔石鹸に含まれる界面活性剤は、水で薄めると力が弱くなるので、洗顔フォームと比較するとお肌に対する負担が少なくて済むのです。

市販されている洗顔石鹸の主な成分は植物油脂を鹸化させて作られており、石鹸の製造工程で添加物が配合されることが少ないので、洗顔石鹸は洗顔フォームよりお肌への刺激が少ないといえるのです。

洗顔石鹸は油分をしっかり落としてくれる

洗顔フォームは使用感や洗い上がりのお肌の質感を重視して作られているため、お肌に不要な油分などの成分が残ってしまいがちなのですが、洗顔石鹸を使用して洗顔するとお顔の汚れや油分をしっかりと取ってくれるので、お肌に不要な油分などの成分が残りづらく、洗顔後の化粧水や乳液の浸透が促進される点も洗顔石鹸の特徴です。

洗顔石鹸の形状の違いとは

ofuro_facewash1

洗顔石鹸とは、動物性油脂や植物性油脂を原料として作られたお顔を洗うための石鹸のことをさします。

脂肪酸ナトリウムは固形の石鹸で、脂肪酸カリウムは液体の石鹸です。石鹸には固形やパウダー、液体、ペーストなどの形状があるのですが、洗顔石鹸の形状の多くは固形かペースト状となっています。固形の洗顔石鹸は洗い上がりがさっぱりとしていて、ペースト状の洗顔石鹸は、洗い上がりがしっとりとしています。

自分に合った洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸を選ぶときのポイントは自分がどんな肌質をしているかです。

脂性肌の方の選び方

洗顔石鹸は、洗浄力が高くスッキリとお肌の汚れや油分を水と一緒に洗い流してくれるところが特徴なのですが、脂性肌の方が、洗顔石鹸を選ぶときには、油分が少なく、泡切れの良い洗い上がりのさっぱりとした洗顔石鹸を選びましょう。

大人の脂性肌の方は、表面は脂っぽくてもお肌の内側は乾燥している場合もありますので、洗い上がりがさっぱりとしてなおかつ保湿エキスの配合されている洗顔石鹸を選びましょう。

乾燥肌の方の選び方

乾燥肌の方が洗顔石鹸を選ぶときは、お肌の潤いをキープしながらも表面の汚れをスッキリと優しく洗い上げてくれるものを選ばなくてはいけません。ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸系の保湿成分が含まれている洗顔石鹸を乾燥肌の方はチョイスしましょう。

洗顔石鹸は油脂を鹸化させて作っているので、製造過程で添加物などのお肌に刺激を与える物質が混ざりにくいという特徴があります。洗顔石鹸は洗顔フォームよりお肌の表面をさっぱりと洗い流してくれるのにお肌の内側の潤いを守ってくれるところが乾燥肌の方にとってはうれしい特徴です。

敏感肌の方の選び方

泡立ちのために薬品や防腐剤などの添加物が配合されていないので、敏感肌の方に優しい洗顔料であるといえます。敏感肌の方が、洗顔石鹸を選ぶときには、低刺激で、添加物が少ない、無添加や低刺激と表示されている洗顔石鹸を選びましょう。

あと、天然由来の保湿成分やアミノ酸系の保湿成分が配合されている洗顔石鹸は敏感肌の方にとっても優しい保湿効果が期待できます。

おすすめの洗顔石鹸

スッキリとお肌を洗い上げてくれるのに、お肌に優しい洗顔石鹸を使ってみたいと思っているけれど、どんな洗顔石鹸を選んだらよいのかわからない・・・という方のために、以下におすすめの洗顔石鹸をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

1. ミヨシ 無添加洗顔せっけん 40g 2コ入

敏感肌の方に特におすすめしたい洗顔石鹸が、このミヨシの無添加洗顔石鹸です。

天然保湿成分であるグリセリンが配合されている本釜炊き製法の洗顔石鹸なので、肌本来の力を整えながら、優しく洗い上げてくれる上に、洗い上がりのお肌に適度な潤いをキープしてくれます。お肌にもお財布にも優しい洗顔石鹸をお探しの方にぴったりの無添加洗顔石鹸です。

2. 自然ごこち はちみつ 洗顔石けん 80g

あかしあ蜂蜜と天然ケア成分であるローヤルゼリーやヒアルロン酸、コラーゲンやオリーブスクワラン、シアバターやアルテアエキスが配合されている乾燥しがちなお肌の方に特におすすめしたいお肌に優しい洗顔石鹸なのが、この自然ごこちはちみつ洗顔石けんです。

この洗顔石鹸は、お肌の潤いをキープしながらもお肌の汚れをきれいに落としてくれ、モチモチ感のあるなめらかな美肌へと導いてくれます。小麦由来成分は使用されていませんし、アレルギーテスト済みなので、普通肌の方はもちろん、敏感肌の方や乾燥肌の方にも特におすすめしたい洗顔石鹸です。

3. どろ豆乳石鹸どろあわわ 110g

このどろ豆乳石鹸どろあわわは、ペーストタイプのお肌に優しい洗顔石鹸です。

吸着力に優れているマリンシルトとベントナイトの2種類の泥が配合されているので、毛穴汚れや古い角質、余分な皮脂を吸着してしっかり落としてくれます。

しっかりと泡立つので、洗うときに生じるお肌の摩擦も軽減してくれます。さらに、豆乳発酵液やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も配合されていますので、しっかりと皮脂や汚れ、古い角質を洗い流しながらもお肌の潤いをキープしてくれる大人の脂性肌の方にうれしい人気の洗顔石鹸です。

洗顔石鹸を使った洗顔方法

sengan_boy1

洗顔石鹸を使った洗顔方法を以下にご紹介します。

  1. まず、手のひらや洗顔ネットを使って洗顔石鹸をしっかりと泡立てます。
    ぬるま湯を使って両手でくるくると回すとよく泡立ちます。
    時々、ぬるま湯を足しながら手のひらに泡を集めるように泡立てましょう。
  2. 泡立てた洗顔石鹸をお肌に乗せ、こすらないように優しく泡だけで洗いましょう。
    ゴシゴシこすってしまうと、お肌が傷つくだけではなく、汚れも落とすことができないので注意しましょう。
  3. ぬるま湯を使って洗顔料をきれいに洗い流しましょう。
  4. 柔らかい乾いたタオルで水分をそっと押さえるようにしてふき取ったら洗顔完了です!

※使用する洗顔石鹸が固形の場合は、使用し終わった後は、風通しの良い場所に保管しましょう。
湿気が多い場所で固形の洗顔石鹸を補完すると表面がドロドロになって使いづらくなりますので、お風呂場などに置きっぱなしにはしないように注意しましょうね。

洗顔石鹸の泡立てには泡立てネットもおすすめ

泡立て

洗顔石鹸を使って洗顔するときは、洗顔石鹸をしっかりと泡立てないと、お肌の汚れや皮脂をきちんと落とすことができません。ですが、使用する洗顔石鹸によっては、手のひらでしっかりと泡立てることができない場合があります。

そんな時には、市販されている洗顔用の泡立てネットを使用して泡立てれば、しっかりと洗顔石鹸を泡立てることができます。手のひらでうまく泡立てることができない場合は、洗顔ネットを購入して洗顔の際に利用することをおすすめします。洗顔ネットはドラッグストアでも販売されていますが、ネットショップでも購入することができます。

敏感肌や乾燥肌の方におすすめしたい洗顔石鹸

洗顔石鹸は洗顔フォームと比較すると合成界面活性剤の使用度が低いため、お肌に洗顔料の影響が残りにくく、お肌に刺激が少ない洗顔料なので、普通肌の方はもちろん、敏感肌の方や乾燥肌の方に特におすすめしたい洗顔料です。お肌に刺激が少ないけれど、お肌の汚れや油分をしっかり洗い流してくれながらも潤いをキープしてくれる点は、大人脂性肌の方にとってもうれしいポイントですね。

お肌に優しい低刺激でありながら汚れや皮脂をしっかり落としてくれ、なおかつ潤いをキープしてくれる洗顔料をお探しの方にぴったりの洗顔料なのが洗顔石鹸なのです。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔

  2. 男を磨くメンズ洗顔の選び方とおすすめのメンズ洗顔料

  3. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な…

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 目元をパッチリさせて印象をアップさせるためにマツエクをつけている人は多いと思います。ただし、…
  2. クレンジングバームご存じですか?ドラッグストアなどのお店で様々なクレンジング商品が販売されて…
  3. 毛穴の黒ずみってとっても気になりますよね。黒ずみを隠すために、ファンデーションを厚塗りする方…
  4. 普段、洗顔の時には洗顔フォームのみで洗顔していて、洗顔ブラシをつかって洗顔するとお肌がきれい…
  5. 目元のメイクってとっても重要ですよね!ですから、「アイメイクには特に気合が入る!」という方も…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る