menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. 利尻ヘアカラートリートメントの白髪染め口コミレビュー
  2. ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントの白髪染め口コミレビュー
  3. 市販の白髪染めをプロが選定!おすすめの白髪染めトリートメント
  4. 白髪染めの前に知っておきたい!パッチテストの方法と重要性
  5. 手軽さが人気の白髪染め!おすすめ白髪染めシャンプー
  6. 自宅ですぐに染めたい方に!おすすめの白髪染めヘアマニキュア
  7. 白髪染め用のヘアカラーのメリットとデメリット
  8. 綺麗な髪色を保つ自宅でできるセルフケアの白髪染め間隔や頻度は?
  9. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  10. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
閉じる

BeautyTokyo✨💕

【男子禁制】人には聞けない女子のアンダーヘアお手入れ完全ガイド

日本人女性のほとんどは脇や足のムダ毛の処理はきちんと行っていても、アンダーヘアのお手入れをしている人は少ないのではないでしょうか。それでも毎年水着の面積が小さくなっていっていると感じませんか?かっこよく水着を着こなすためにはアンダーヘアのお手入は必須。いざ整えようと思ってもどうやってお手入れをすればいいかわからない、という人は多いのではないでしょうか。場所的に身近な人にはなかなか相談しづらい悩みですよね。デリケートな部分だからこそ、肌を傷つけない正しいお手入れ方法とキレイに処理する方法を知って暑い夏をおしゃれに楽しみましょう!

アンダーヘアを整える必要性とは

水着そもそもアンダーヘアの処理は必要なの?と思っている人も多いかと思います。実はフランスやアメリカなどの欧米諸国の女性のアンダーヘアの処理率はほぼ100%と言われています。日本人とは逆で腕や足の毛のムダ毛処理を行う人は少ないですが、アンダーヘアのお手入れはほぼ常識となっています。

アンダーヘアの処理をすることで色々な嬉しいメリットがあります。今までアンダーヘアのお手入れをしたことが無い人にも是非参考にして頂ければと思います。

  • 水着や下着からのはみ毛が気にならない
  • 自分に自信が持てる
  • 蒸れにくく臭いを軽減できるため衛生的

アンダーヘアを整えることにより水着や下着から毛がはみ出る心配がありません。そうすることで見た目にも自信を持つことが出来るため、面積が小さめの水着に挑戦したり、幅広くオシャレを楽しむことが出来ます。

最近ではアンダーヘアの形にもこだわっている人もいたり、アンダーヘア自体のおしゃれも増えてきています。また、見た目だけでなく毛量が減るため蒸れずらく、臭いの原因も抑えられ清潔に保つことが出来ます。特に生理の時などは処理後のメリットを実感しやすいと思います。

アンダーヘアのお手入れ方法とメリットデメリット

カミソリ・シェーバーでの剃毛処理

カミソリ一番安く手軽に出来るため、多くの人がこの方法で処理を行っているかと思いまが、肌への負担も大きいです。特にデリケートゾーンを傷つけてしまう可能性もあるので、アンダーの上のほうを少し処理する程度であればいいですが、デリケートゾーン全体の処理にはあまりお勧めは出来ません。

メリット
  • 手軽でいつでも思い立ったときにすぐに出来る
  • 広範囲を一気に処理することが出来る
  • 低コストでできる
デメリット
  • すぐに毛が生えてくる
  • 生えてきた毛がチクチクする
  • 生えてきた毛が下着や水着から突き出る
  • 肌への負担が大きく、色素沈着を起こす可能性もある

レーザー脱毛・光脱毛

レーザー

仕上がりのキレイさや肌への負担という面で言えば一番のおすすめ方法です。デリケートゾーンを人に見られる恥ずかしさはありますが、相手はプロで見慣れているため自分が思っているほど相手は気にしていません、お互い仕事だと思えば案外割り切れます。自己処理よりも費用がかかりますが、安全で自分では見えないところまできちんと出来るところがおすすめです。ただし、毛周期のサイクルに合わせて通うことになるので少し生えてきてもすぐに行けない場合があります。また継続的に通わないといけないので、継続性が無い人にはおススメできません。また、医療機関やサロン、脱毛機械の種類によっては永久脱毛ではなく減毛という場合もあります。

メリット
  • 肌への負担が少ない
  • 自分では見えないところまでやってもらえる
  • 仕上がりがキレイ
  • 毛が生えるまでの期間が長くなる
デメリット
  • 人に見られるので恥ずかしい
  • 定期的に通うのが手間
  • 毛周期に合わせて通うためいつでも出来るわけではない
  • 費用が高い

ブラジリアンワックス(ワックス脱毛)

欧米では一般的なアンダーヘアのお手入れ方法です。初めて聞く人もいるかと思いますが、粘着力のある脱毛用のワックス剤を塗った後、ワックスと一緒に毛根から引き抜く脱毛方法です。ガムテープを貼ってバリっと剥がすようなイメージです。

近年ワックス専門の脱毛サロンも出来てきており、ここ数年知名度を上げていますが、自分で処理する場合は肌への負担も大きいため注意が必要です。ワックス後は毛根が開いた状態になるため、そこから雑菌が入ると化膿してしまう事があります。ワックス直後に海に行ったりとかは絶対に避けてください。ワックスは一気に見た目がきれいになりますが、脱毛直後は注意が必要です。

メリット
  • 広範囲を一気に処理することが出来る
  • 毛根から引き抜くのでツルツルになる
デメリット
  • 毛抜きで毛を抜くのと同様に痛い
  • 肌への負担も大きいため敏感肌の人には向かない

ヒートカッター

クシ状の熱線がついたもので、それを毛に押し当てることで毛を焼き切ることが出来ます。

毛の先が丸くなるのでパンツや水着から突き出るという事もないため、毛の長さの調整におすすめです。大体物がクシ型のもので安全性のあるものですが、熱を使って焼き切るものなので安心して使えるものを選ぶようにしましょう。

メリット
  • 毛の断面が尖らないため下着や水着から突き出ない
  • 手軽に処理が出来る
  • 正しく使えば肌への負担がない
デメリット
  • 毛を焼き切る時に特有の臭いがする
  • 少し時間がかかる

除毛クリーム

あまりやっている人はいませんが、クリームやムース上の除毛材を毛に塗り、毛を溶かして洗い流すという方法です。

除毛クリームは毛を溶かすことが出来る非常に強い薬剤です。除毛クリームの中でもデリケートゾーンに使えないものも多くあります。それだけ肌への負担も大きいためデリケートゾーンの除毛クリームの使用はおススメしません。
デリケートゾーンに使用できるものを正しく使える人には良いですが、使う時は細心の注意をはらって使って下さい。

メリット
  • 塗って流すだけなので手軽
  • 処理後に生えてくる毛がチクチクしない
  • 広範囲を一気に処理することが出来る
デメリット
  • 肌に合わないとかぶれることがある
  • 薬剤のアレルギー反応を起こすことがある
  • 粘膜には使用不可なため使用に細心の注意が必要

まとめ

YUKA160322000I9A4287アンダーヘアのお手入れはデリケートな部分だからこそ、専門のサロンで処理するのが一番安心です。だからと言って、デリケートゾーンを人に見せることに抵抗があったり、すぐに処理が必要になる事もあるかと思います。一番重要なことは正しいお手入れ方法を知って安全に行う事です。衛生的な面でデリケートゾーンを清潔に保っていたいけどアンダーヘアのお手入れに抵抗がある人も、最近ではデリケートゾーン専用の洗浄液などもありますのでそちらを使う事もおすすめです。夏の季節も思いっきりおしゃれを楽しむためにも、いつでも自信を持てるアンダーヘアのお手入れをしておくことをおススメします。是非自分に合ったお手入れ方法を見つけてみてください。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. 肌質や体質に合うボディソープの選び方と人気ボディソープ

  2. 【完全保存版】指摘されたときの精神的ダメージNO.1の口臭!効果…

  3. 知って得する豆知識!23個の効果的な美容や健康法

  4. 美容院での会話ストレスから解放されたい

  5. 日焼け対策!意外と知らないシーン別の日焼け止めの選び方

  6. 刺青とアートメイクは何が違うの?経験者が語るアートメイクの全て

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 「利尻ヘアカラートリートメントで白髪は染まるの??」累計で1800万本以上販売されている大人…
  2. 「ルプルプって白髪が本当に黒くなるの??」白髪染め用のヘアカラートリートメン商品として大人気…
  3. 白髪染めヘアカラートリートメントって何を選べば良いの??美容院での白髪染めはお金もかかるし時…
  4. 白髪染めの前に「パッチテスト(皮膚アレルギー試験)」が必要なことをご存知でしょうか?白髪染め…
  5. 最近良く耳にする白髪染めシャンプーについて、気になる商品をピックアップ☆口コミや公式サイトの情報等と…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る