menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  2. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  3. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  4. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
  5. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのアイメイ…
  6. お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸
  7. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔
  8. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジングの…
  9. 水クレンジングのメリット・デメリットと人気のおすすめ水クレンジング
  10. 男を磨くメンズ洗顔の選び方とおすすめのメンズ洗顔料
閉じる

BeautyTokyo✨💕

日焼け対策!意外と知らないシーン別の日焼け止めの選び方

夏は思いっきり太陽を浴びて健康的な焼けた肌を楽しみたい!なんてもう古い。今は季節を問わず日焼け止めを塗ることが一般的になってきました。昔、日焼けをしていて気づかないうちにシミやホクロが増えてきた、という人も少なくないのではないでしょうか。日焼けはシミ・シワ・たるみの原因だけでなく、皮膚がんの原因にもなります。紫外線をカットすることは日常生活においてとても大切な習慣の一つです。そこで、意外と知らない日焼け止めの選び方とおススメの日焼け止めを紹介します。

日焼け止めの効果

紫外線はシミやそばかすだけでなく、肌のハリを作り出すコラーゲンを破壊することで皮膚の老化を進行させます。そのため、日焼けはシワやたるみの原因となり老けた印象をつくってしまいます。また、日焼けをすることで深刻な病PAK85_shimadukaminoke20140823_TP_V気の原因になる可能性もあります。WHO(世界保健機関)によると、白内障の約20%は紫外線が原因とも言われています。

そこで紫外線による日焼けを防ぐ日焼け止めがとても効果的です。曇りの日や室内でも紫外線はありますので、日常的にスキンケアの一部として取り入れると良いでしょう。

紫外線 (UV:UltraViolet)とは?

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギー の 高い光を指します。UVというのは、紫外線を英語で言ったultravioletの略です。紫外線はUVーA波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いています。UVBは、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害です。日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になります。一方、UVAは、B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となります。窓ガ ラス や雲を通過して皮膚の奥深くまで届きます。そして、しわやたるみなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。そしてどちらもいわゆる「日焼け」の原因となります。

引用元:http://www.pref.toyama.jp/branches/1268/03-seikatsu/uv.html

”SPF”と”PA”の意味は?

hiyake_woman

パッケージには必ず表記されていますが、実は意味がよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。数値が高ければより日焼け止めの効果も高くなりますが、その分肌に負担をかけてしまう事もあります。一概にSPFが高ければ良いというわけでもありませんので自分に合ったものを使うようにしましょう。

SPFとは

Sun Protection Factorの略で、紫外線防御指数を指します。SPFは紫外線の中でも肌に延焼を起こすUVB波と言われる波長の防止効果を表します。紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を表しています。つまり、SPFの数値×20分が目安となります。

普通に生活するうえではSPF30もあれば日焼け防止効果が見込めるので十分と言えるでしょう。ただし、野外での汗をかく運動やマリンスポーツをする際にはもっと強いSPFのものを選ぶことをおススメします。

PAとは

Protection Grade of UVAの略で、皮膚の黒化の原因となるUVAを防御する指数です。しかし、短期的にその効果が実感しづらいためSPFのように数値化されておらず、大体の表記が+の数を目安としています。

PAの+の数が多いほど効果が高くなると言えます。

日焼け止めの選び方

日焼け止めは、クリームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ・ローションタイプ・パウダータイプ・スプレータイプというように様々な種類があります。それぞれのタイプごとに特徴や用途を紹介します。

日焼け止めのタイプ別の特徴

クリーム

クリームタイプの日焼け止めがよく使われるタイプです。保湿性があり、乾燥肌の方におすすめのタイプです。

ミルク(乳液)

伸ばしやすく肌になじみやすいミルクタイプは敏感肌の方におすすめです。

ローション

肌に優しいローションタイプですが、一般的にはSPF・PAが低いものが多いため、野外での活動には不向きなタイプです。

ジェル

伸びが良く肌触りが良く日焼け止め独特のべたつきが少ないタイプです。

スプレータイプ

野外やレジャーなどで使いやすいのがスプレータイプです。子供も一緒に使いやすいタイプです。

パウダータイプ

メイクの仕上げに使えるタイプです。パウダーなので落ちやすくのがデメリットです。

日焼け止めの効果的な塗り方

2~3時間おきに塗りなおす

日焼け止めはこまめに塗りなおすほうが効果的です。時間が経過すると汗や皮脂とともにだんだんと日焼け止めがとれてきます。SPFが強いものを濃くぬるよりもSPFが弱いものをこまめに塗りなおしたほうが肌にも優しいです。

ムラが無いように均一に伸ばす

塗りムラがあると日焼け止め効果が落ちるだけでなく、塗り漏れたところが焼けてしまった場合、汚く日焼けをしてしまいます。一度で塗りきるよりも、少ない量を二度塗りしてしっかり伸ばして塗るようにしましょう。

優しく塗る

日焼け止めは肌には刺激があるので、それを強く擦りつけてしまうとさらに肌を痛めてしまう可能性があります。優しく薄く広げることが大切です。顔に塗るときは鼻や頬の高いところが日焼けをしやすいので十分に塗った後、化粧下地やファンデーションを塗るとより効果的です。

液体タイプの日焼け止めを塗るときは、塗った後にベビーパウダーを塗るとベタつきが抑えられるだけでなく、日焼け止めの効果を長持ちさせることが出来ます。

おすすめの日焼け止めランキング

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

SPF50で強力紫外線カットですが、ジェルとクリームの中間のようなジェリー状の液体で肌馴染みがよく、サラサラとした軽い使い心地です。値段もお手頃のためリピーターが多い日焼け止めです。普段使いとして気にせずたっぷりと使うことが出来ます。ヒアルロン酸などの美容成分も含まれているので化粧下地としても使えます。

アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N

汗や皮脂、水に強い日焼け止めで、海やスポーツ、一日中野外に出ている人などにもおすすめです。値段は高いですが、日差しが強い中に長時間いて絶対に焼けたくない人がここぞという時に使う場合が多いです。よほどの汗をかかなければ汗と一緒に流れてしまう事もありません。容器を振って中の液体を混ぜてからつけるタイプですが、白浮きもしません。

スキンアクア モイスチャージェル

ヒアルロン酸やコラーエゲンが含まれており、ジェルタイプで水のようなサラサラとしたつけ心地の日焼け止めです。また、ポンプ式のボトルに入った商品もあり、デイリー使いとして日々の習慣に取り入れやすく、毎日たっぷりとボディークリーム感覚として塗ることができます。詰め替え用も売っているところが嬉しいところ。

雪肌精 ホワイト CCクリーム

1本でスキンケアと保湿、化粧下地、ファンデーションの役割を果たすCCクリームの顔用日焼け止めです。和漢植物エキス配合で肌に潤いを与えながら紫外線をカットすることが出来ます。ナチュラルなつけ心地ですがカバー力もあり朝の忙しい時間にもササッと塗ることが出来てとても便利です。

SK-II オーラアクティベーター CC クリーム

高級スキンケアブランドのSK-IIから発売された顔用の日焼け止めCCクリームです。紫外線から肌を守りつつ、肌のキメを整えてくれます。細かいパールが入っているクリームで、つや肌になります。日焼け止め効果と肌の艶感には定評があります。値段も高いので一番焼きたくない顔にだけ奮発して使うのもおすすめです。

使用シーンで選ぶ人気の日焼け止め

SPFの数値が高いとその分だけ効果が持続します。一般的にはSPFの数値×20分が目安となります。そのため、SPFが低いと短期間のお出かけにいており、外での長時間のレジャーなどにはSPFの数値が高いものを選びましょう。普通に考えればSPFの数値が高い方が効果が長いから良いのでは?と思うかと思いますが、SPFが高いとその分肌に負担だ増えることがあるため、利用シーンに合わせた適切な利用がおすすめです。

短時間のお出かけ用(SPF20~30)

エバメール UVゲル30g

しっとりとした感触で肌に優しいUVゲルタイプの日焼け止めです。水を80%含んだ成分のため使用感はしっとりとしています。

日常使い用(SPF30~40)

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++

ニベアサンのUVカットのジェルは肌に優しい化粧水感覚の商品です。口コミには水溶性の商品なので汗をかくと取れやすいという意見もありますが、日常使い用としては人気の商品です。

外での長時間のレジャー用(SPF40~50)

KOSE サンカット 日やけ止めジェル 50(SPF50+ PA++++)

汗にも強いウォータープルーフかつSPF50+の日焼け止めです。2016年8月現在においてAmazonの日焼け止めランキングで売れ筋1位の商品です。

海やプール用(ウォータープルーフ)

UVハンター UVホワイトニングクリーム 50g SPF50+/PA++++

肌に悪影響があるといわれている赤外線もカットするウォータープルーフタイプの日焼け止めです。口コミでは保湿力があり、化粧下地ともなじみやすいという意見が目立ちます。

敏感肌なら使いたいオーガニック日焼け止め

hiyakedome_cream[1]通常の日焼け止めよりも低刺激なのがオーガニックの日焼け止め。通常「紫外線吸収剤」というものが含まれているため、敏感肌の方などは日焼け止めを使用すると肌荒れやかぶれを起こすことがあります。

オーガニックの日焼け止めは「紫外線錯乱剤」という化学物質ではない金属由来の成分を使い紫外線を除外する仕組みのため、敏感肌の方や赤ちゃんにもおすすめされる日焼け止めです。

オーガニックな日焼け止めを選ぶ際には化学物質を使わない天然由来成分で作られたものを選びましょう。

オーガニックの日焼け止めはSPFなどが低いものが多いため、外でのレジャーなど長時間紫外線に触れる場合には不向きです。

また、オーガニック日焼け止めは、敏感肌とは別で人によっては成分が肌に合わないことがあります。アレルギーなどがある場合もあるでしょう。使用前には少量利用してみるパッチテストをすること実施すると安全です。

テラクオーレ UV プロテクト ビューティ エッセンス

SPF37・PA+++のオーガニックな日焼け止めです。保湿・エイジングケアなどのスキンケアにも効果的な美容液タイプの商品です。ファンデーションの下地としても使用できます。香りはシトラス風の爽やかな印象です。

シンピュルテ パーフェクトUVクリーム

オーガニックコスメブランドであるシンピュルテで発売されている日焼け止めクリームです。SPF30 PA+++で保湿力が高いバオバブ種子油を配合しているスキンケア効果がある日焼け止めです。

エルバビーバ チルドレンサンスクリーン

化学成分を一切使用していないオーガニック日焼け止めなので、赤ちゃんにも使える日焼け止めです。SPF30でUVA、UVB共に対策できる日焼け止めです。オーガニックラベンダーとカモミールのエッセンシャルオイルを配合しているためいい香りが特徴です。

日焼け止めをブランドから選ぶ

夏になると様々なブランドがCMを放送する日焼け止め。いろんな種類があってどのブランドがいいのかわからない。そんな方のためにビオレやアネッサなどの定番ブランドからプチプラブランドの商品を紹介します。

ニベア

ウォータージェルタイプとミルクタイプの日焼け止めがあり、SPFの値が35、50とあり多様な商品があります。子供用の商品もあります。

アリー

アリーは日焼け止めがメインのブランドで顔用や体用において様々なタイプの商品を出しています。化粧下地用やルースパウダーなどの取り扱いもあります。

ビオレ

ボディソープやハンドソープなどで有名なビオレも日焼け止め商品を多数発売しています。口コミ情報では白くならずに伸びがいいという声が多いのが特徴です。

キュレル

乾燥性敏感肌の悩みに「セラミドケア」で応えるスキンケアブランドである花王のキュレルも日焼け止めを商品を発売しています。

紫外線が強い夏は日焼け止め対策をしよう

日焼け止めを塗る際に、首の裏を塗り忘れてしまうことが多いです。特に髪の毛を結んでいるときは日焼けをしやすいので気を付けるように塗るようにしましょう。日焼け止めを塗る際は、自分で塗るルーティンの順番を決めて塗ることをおススメします。

日焼け止めを塗ることは非常に大切ですが、日焼け止めを落とすこともとても大切です。洗い残しがあると、肌トラブルの原因にもなります。その日のうちに化粧落としを使って優しく洗い流すようにしましょう。また、洗顔のあとは十分に化粧水をつけて保湿するようにしてください。自分に合った日焼け止めで、シミのない美しい肌をキープ出来るようにしましょう。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. かかとブスにさよなら!かかとの角質の原因とお手入れ方法の紹介

  2. モロッコの宝石とも言われるアルガンオイルの美容健康法

  3. 内側からシミを撃退!!自分に合ったシミ対策の飲み薬の選び方とおす…

  4. 新社会人必見!メイクの正しい順番と基本を覚えてキラキラ女子になろ…

  5. 【白髪撲滅】自分で簡単に出来る白髪染めの選び方と口コミで人気のお…

  6. 【女子の聖域】憂鬱な生理の日も快適に過ごせる生理用品

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 目元をパッチリさせて印象をアップさせるためにマツエクをつけている人は多いと思います。ただし、…
  2. クレンジングバームご存じですか?ドラッグストアなどのお店で様々なクレンジング商品が販売されて…
  3. 毛穴の黒ずみってとっても気になりますよね。黒ずみを隠すために、ファンデーションを厚塗りする方…
  4. 普段、洗顔の時には洗顔フォームのみで洗顔していて、洗顔ブラシをつかって洗顔するとお肌がきれい…
  5. 目元のメイクってとっても重要ですよね!ですから、「アイメイクには特に気合が入る!」という方も…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る