menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  2. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  3. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  4. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
  5. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのアイメイ…
  6. お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸
  7. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔
  8. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジングの…
  9. 水クレンジングのメリット・デメリットと人気のおすすめ水クレンジング
  10. 男を磨くメンズ洗顔の選び方とおすすめのメンズ洗顔料
閉じる

BeautyTokyo✨💕

【白髪撲滅】自分で簡単に出来る白髪染めの選び方と口コミで人気のおすすめ商品10選

「最初は1本2本だった白髪。気が付くと一気に増えていた」なんて事ありますよね。白髪は見た目年齢を大きく左右します。シルバー世代という言葉もそんな老化の象徴を意味する白髪から来ています。若いのに白髪があると疲れて見えたり、若々しさが失われてしまいます。

ある程度の年齢になった時に頭髪の全部が白髪でも整えていると素敵なおじさま・エレガントな女性。という風に見られることももちろんあります。ただし、白髪染めをして伸びてきた部分だけくっきりと白髪になっていたり、散らばった白髪で髪がパサついていたりすると一気に貧相で老け込んで見えますよね。

このページでは白髪に悩む方のために自分で簡単にできる白髪染め方法の紹介と人気商品の紹介をします。白髪染めをしてストレスなく自然に若々しく染めていきましょう。

白髪染め種類別の種類と選び方

自宅で簡単にできる白髪染めには大きく分けてヘアカラー・トリートメント・ヘナという3つの種類があります。それぞれ特徴があり、メリットデメリットが異なるので理解したうえで選択する必要があります。

白髪染めヘアカラーやヘアマニュキュア

color

ヘアカラーやヘアマニュキュアによる白髪染めのメリットとしては即効性があるという事です。白髪染めヘアカラーは様々な会社から販売されており、安い商品もたくさん増えてきています。また、色も1回でしっかりとつくので黒々とした若々しい色を得ることが出来ます。

デメリットは、染料に含まれる薬剤により髪の毛と頭皮に負担がかかるという事です。ダメージを受けることで髪からタンパク質や水分が抜け、髪がパサついてしまう事があります。長期にわたるヘアカラーは髪の毛や皮膚の健康にも良くありません。準備や片付けにやや手間がかかります。また、染料が顔や家具などにつくと色がついてしまう事があります。しかし、最近ではトリートメント効果のある商品も多くでていますので、成分などもよく確認して、髪や皮膚にダメージを与えづらい商品を選ぶようにしましょう。

白髪染めシャンプー・トリートメント

シャンプー

白髪染めのシャンプーはヘアカラーとは違い髪へのダメージが少ない白髪染め方法です。いつものシャンプーを変えるだけでケアすることが出来ます。ただし、ヘアカラーのように急に色を一気に変えることはできず、徐々に色が染まっていきます

デメリットは、一気に染まらないことです。天然成分を使った商品が多いので髪や地肌には優しいですが、ヘアカラーのように染まるまでに時間がかかります。だんだんと染まるので、周りにあまり気づかれづらく色を着けることが出来ます。長期的に使う用途にはおすすめのタイプです。

ヘナによる白髪染め

ヘナ

ヘナは熱帯地帯に生息するヘナという植物の葉を粉にした、化学的薬剤の入っていない自然染料です。髪と地肌にも優しいのがヘナによる志賀ら染めのメリットですが、それだけではなく、髪のタンパク質を補修して、ツヤのある美しい髪質にしてくれるなど、天然のトリートメント効果があります。

デメリットとしては、ヘナでは白髪を黒く染めることは出来ないというところです。ヘナには脱色効果がないため、白髪の部分だけが染まり、色味はオレンジやオレンジブラウンの色味に染まります。また、染めた後2~3日は色落ちしやすく、色が洋服などに移ることがあります。用心のために染髪後しばらくは白い服は避けたほうがいいでしょう。ヘナは明るい色合いに染まるので自然に明るい色のおしゃれヘアーを楽しみたい人にはおススメです。また新しい髪が生えてきても生え際が自然なグラデーションで落ち着いた色になります。ヘナの白髪染めを購入する際は天然素材のみを使ったものがおすすめです。

自分で簡単にできるおススメ白髪染め10選

美容室などでしか手に入らない特殊なものではなく、Amazonで簡単に手に入れることができる白髪染め商品を紹介します。商品選定のポイントは先に紹介した白髪染めの3つの方法の中で注意すべき点を考慮した商品を選んでみました。白髪に悩み始めた方の参考になれば幸いです。
※商品はアフィリエイトじゃなく公式サイトを紹介しています。

1)ホーユー メンズビゲン ワンプッシュ

(ヘアカラー・ヘアマニュキュア)
ナチュラルブラックの髪色に染まる、早染めクリームタイプのカラーリング剤です。容器をプッシュすると2つのクリームが同時に出てくるので、それを付属のブラシにつけ髪の毛をとかし、5分程度放置するだけです。仕上がり時間も早く、色も濃く驚くほど簡単に染まります。短い髪の毛の人だと3回以上使うことができます。

公式サイト:http://www.mensbigen.jp/choose/lineup/onepush/

参考価格:¥1,188

2)サイオス オレオクリーム ヘアカラー

(ヘアカラー・ヘアマニュキュア)
高品質のピュアオイルがクリームに配合されているため、シャンプーをした後もキシキシせず、まとまりのよいしっとりとツヤやかな髪色に染めることが出来ます。2種類のチューブのクリームを混ぜ合わせて使用し、残ったクリームは次回使うことが出来ます。やや赤みのある髪色になるため、黒くしたい人には暗めの濃い色を選ぶことをおススメします。サロン感覚のおしゃれ色に白髪染めしたい人におすすめです。

公式サイト:http://www.syossjapan.jp/oleo/
参考価格:¥739

3)ホーユー シエロ ヘアカラーEX クリーム

(ヘアカラー・ヘアマニュキュア)
15種類の色から選ぶことができ、まぜる手間のいらないワンプッシュ式クリームタイプの女性用白髪染めです。乾いた髪全体に付属のコームでクリームを髪全体に塗り、15分ほど放置したらすすぐだけの簡単なヘアカラーです。3つの天然ツヤ成分が含まれているため、つややかな髪に仕上がります。1箱で髪の短い人1回分なので、髪が長い人は2箱以上購入することをおススメします。

公式サイト:http://www.cielo.jp/lineup/cream/
参考価格:¥1,296

4)ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ

(ヘアカラー・ヘアマニュキュア)
24色もの色から選ぶことが出来、2種類の薬剤のほかに同封のオイルエッセンスを混ぜることでトリートメント効果が期待できます。全体的にクリームを塗ったら20~30分程度放置して流します。容量もセミロングの髪でも1本で全体を染めることが出来ます。値段はやや高めですが、色持ちと発色の良さからリピーターも多くいる商品です。

公式サイト:https://www.myrepi.com/tag/wella
参考価格:¥1,922

5)サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX

(ヘアカラー・ヘアマニュキュア)
生え際の白髪や、部分的に気になる白髪などの細かい部分を使うたびに徐々に染めることが出来ます。気づいたときにサッと塗ることが出来、洗い流しも必要ありません。マスカラのようなアーチ形ブラシで難しいテクニックは一切必要ありません。白髪染めのリタッチ までの繋ぎや、髪を結んだ際や、頭の上からピョンと出ている白髪などにおすすめです。2~4回ほどの使用で白髪が目立たなくなり、生え際だけであれば約60回ほど使うことが出来ます。

公式サイト:http://salondepro.jp/item_info/woman/ex/index.html
参考価格:¥933

6)利尻カラーシャンプー

(シャンプー・トリートメント)
いつものシャンプーを「利尻カラーシャンプー」に替えるだけで、白髪が徐々に染まるのでとても簡単に白髪染めをすることが出来ます。薬剤などは入っていないため地肌や髪にも優しく、ダメージ補修成分と保湿成分が含まれています。使用から3回目ぐらいから徐々に着色しはじめ、自然な暗い髪色になります。ただ、爪の間が黒くなってしまう事もあるので、シャンプーを髪につけたあとはすぐに指先を洗い流すことをおススメします。

公式サイト:http://www.sastty.com/lp/hcs_s_c2/
参考価格:¥3,500

7)スカルプD ヘアカラーコンディショナー

(シャンプー・トリートメント)
シャンプー後に専用ブラシにつけて髪につけ、5~10分放置してすすぐだけ。スカルプDの商品だけあって、頭皮にも優しい商品です。1~3回の使用で徐々に黒く染まっていきます。シャンプーの後にある程度水分をふき取った後のほうがつけやすいです。髪の色が濃くなって来たら週1回程度の使用でキープすることが出来ます。

公式サイト:http://www.angfa-store.jp/ITEM/SDMHN000A1
参考価格:¥2,300

8)ROOT VANISH ヘアカラートリートメント白髪染め

(シャンプー・トリートメント)
15カ国で販売され、頭皮に優しくヘアケアしながら白髪を染めることが出来ます。シャンプーの後にタオルドライをした髪の毛に塗り、10分程度放置して洗い流します。手で塗るよりも、コームなどを使用して塗るほうがよりきれいに簡単に塗ることが出来るのでおススメです。

公式サイト:http://www.angfa-store.jp/ITEM/SDMHN000A1
参考価格:¥4,980

9)テンスター カラートリートメント

(シャンプー・トリートメント)
シャンプー後にタオルで髪の毛の水分をふき取り、白髪部分を中心になじませ、5分放置した後に洗い流すだけ。ヘナエキスが含まれているのでトリートメント効果があり、髪や地肌にも優しい使い心地です。全体が染まってきたら、週3回程度使用することで髪の色をキープすることが出来ます。

公式サイト:http://www.sanpo-shoji.co.jp/item-hena-treatment.html
参考価格:¥1,944

10)NAIAD(ナイアード) ヘナ

100%天然ヘナの粉末と、色合いによっては天然素材の天然素材の木藍が含まれているものがあります。45℃程度のお湯でマヨネーズほどの硬さのペーストを作り、少しづつ地肌から手でたっぷりと塗っていきます。全体に塗ったらラップでくるみ、ドライヤーなどで2~3分温めたら1時間ほど放置し、洗い流して染めることができます。ヘナの粉末を混ぜる際は泡だて器を使うとより簡単に混ぜることができ、天然素材なので安心して使うことが出来ます。

公式サイト:http://www.naiad.co.jp/products/naiadhenna/index.html
参考価格:¥4,860

自分の髪質に合った白髪染めを探そう

point

白髪染めには色々な方法と商品があります。染まり方は髪質において異なるので、仕上がりが理想通りになるとは言えない点には注意してください。特にシャンプーやトリートメントは髪質や使い方によって髪色の発色が非常に左右されやすいです。一度ダメでも別の商品を試すなどで自分に合った種類の白髪染めを見つけて若々しく自信をもてるようにしましょう。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. 日焼け対策!意外と知らないシーン別の日焼け止めの選び方

  2. 新社会人必見!メイクの正しい順番と基本を覚えてキラキラ女子になろ…

  3. 【女子の聖域】憂鬱な生理の日も快適に過ごせる生理用品

  4. 出来てからじゃ遅い!ささくれの原因とお手入れ方法

  5. かかとブスにさよなら!かかとの角質の原因とお手入れ方法の紹介

  6. 刺青とアートメイクは何が違うの?経験者が語るアートメイクの全て

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 目元をパッチリさせて印象をアップさせるためにマツエクをつけている人は多いと思います。ただし、…
  2. クレンジングバームご存じですか?ドラッグストアなどのお店で様々なクレンジング商品が販売されて…
  3. 毛穴の黒ずみってとっても気になりますよね。黒ずみを隠すために、ファンデーションを厚塗りする方…
  4. 普段、洗顔の時には洗顔フォームのみで洗顔していて、洗顔ブラシをつかって洗顔するとお肌がきれい…
  5. 目元のメイクってとっても重要ですよね!ですから、「アイメイクには特に気合が入る!」という方も…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る