menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. 白髪染め用のヘアカラーのメリットとデメリット
  2. 綺麗な髪色を保つ自宅でできるセルフケアの白髪染め間隔や頻度は?
  3. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  4. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  5. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  6. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
  7. 目元のメイクはアイメイクリムーバーで落とさなきゃ!?おすすめのアイメイ…
  8. お肌に優しく優秀な洗顔石鹸の効果とおすすめの洗顔石鹸
  9. 毛穴ケアには酵素洗顔!酵素洗顔の特徴とおすすめの人気酵素洗顔
  10. 乾燥肌には肌に優しいミルククレンジングがおすすめ!ミルククレンジングの…
閉じる

BeautyTokyo✨💕

白髪染め用のヘアカラーのメリットとデメリット

白髪染めには様々な種類がありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。白髪染めを始める前に正しい知識を学んで、白髪染めヘアカラーのメリットとデメリットを理解し、ヘアカラーを楽しみましょう。

そもそも白髪が染まる仕組みってどうなってるの?

基本的に白髪染めで使う主な薬剤はヘアカラータイプの白髪染めで、通常は1剤と2剤を混ぜ合わせて使用するものが主流です。
白髪染めに使う1剤ですが、下記の2種類を混ぜ合わせて作った混合液が1剤となります。

酸化染料 ※1(パラフェニレンジアミン、トルエンと言った、ジアミン系の成分など)
※1 ジアミン系の成分は非常に刺激が強いので、炎症・かぶれ等の危険があります。
ご使用の際はパッチテストを行ってください。

アルカリ剤 (髪の表面のキューティクルをアルカリ剤で開かせ1剤を髪内部に浸透させます。
主に、アンモニアやモノエタノールアミンが代表的な成分)

次に2剤ですが、酸化剤と呼ばれており、過酸化水素水で出来ています。
ヘアカラーで使用する2剤はクリーム状の物が主流です。

この2剤を1剤と化学反応させることにより、髪を脱色しながら毛髪内部に浸透し発色させて染めていくのです

白髪染めヘアカラーの種類

白髪染めには数種類がありますが、主に「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」
「ヘナ」「カラートリートメント」
の4種類に分けられます。

ヘアカラー

ヘアカラーは白髪染めの中でも一番ポピュラーな種類です。美容室でしっかり染めてもらう時に使うヘアカラーや、ドラックストアなどに並んでいる商品の多くがこのヘアカラーになります。冒頭でもご紹介しましたが、毛髪の組織であるメラニン色素を脱色して、ヘアカラーの染料を毛髪内部まで浸透させ、しっかりと定着させることで白髪を染める方法になります。

白髪染めのヘアカラーは毛髪内部までしっかりとカラーが入るので、数種類ある白髪染めの中でも一番色持ちします。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュア(酸性カラー)は、毛髪の表面に色素を定着させ、コーティングを施す白髪染めになります。マニキュアの特性上、髪の色を明るくすることはできませんが、ヘアカラーと違い、毛髪内部には浸透しないのでダメージはほとんどありません。人によりますが、回数を重ねると若干きしみが出ることもあります。

また、ヘアマニキュアは色素を表面に定着させているだけなので、シャンプーするたび徐々に色落ちしていきます。シャンプーの回数や、洗う頻度にも寄りますが、持ちとしては数週間から一か月持たない程度です。
ヘアカラーと違い、生え際や、手、衣服に付くと非常に落ちにくいので、注意が必要です。

ヘナ

ヘナは、草木染めとも言われる植物を使ったカラーリングになります。ヘナカラーは白髪にしか発色しないので、黒髪に染めても変化はありません。

また、ヘナと言われるものの中にも、100%の植物で作られたものと、化学染料が少量入ったものがあります。植物由来原料のヘナは、髪や頭皮への負担が少なく、肌トラブルを起こしにくいとは言われてますが、植物アレルギーのある方は注意が必要です。
諸説ありますが、ハーブということもありますので、使用を続けることで髪や頭皮を健康な状態にしてくれるという効果もあるようです。

ヘナは、ヘアマニキュアと似て、毛髪の色の上に色素を乗せていく白髪染めです。従って、白髪と黒髪では染まり具合に違いが出てきます。

色持ちは長くはなく数週間程度です。製品の中には草特有の強い匂いがするものもあります。また、ヘナの白髪染めは、特性上カラーチェンジが簡単ではなく、他のカラー剤と混ざってしまうと青みがかった色味になってしまうこともあります。

ヘナは通常のカラーリングに比べ放置時間が長く、1時間程度放置する必要があります。ヘナの色素はお肌や爪などに付着し沈着すると、容易には色素が取れませんので、手袋等を装着してご使用ください。

カラートリートメント

基本的にはヘアマニキュアと同じ仕組みで構成され、キューティクルに低分子化した色素を毛髪の表面や隙間に定着させて白髪を染めていきます。薬剤自体は化学系を使用していませんので、毛髪や頭皮へのダメージがほとんど無く、トリートメント成分がメインで構成されているため、毛髪への負担がほとんど無いのが特徴です。

カラートリートメントはシャンプー後の髪に塗布し、10~20分程度放置した後に洗い流します。素手でそのまま使えるものがほとんどなので、入浴の際に手軽に白髪染めができます。ただし、他の白髪染めに比べると、カラートリートメントは色素が定着しにくく、シャンプーをするたび少しづつ色落ちしていきます。色持ちは2週間程度と短めです。

また、注意点として、一般的に売られている高級アルコール系の洗浄力が高いシャンプーでは、美容室等で販売されているシャンプーよりも色落ちが早くなります。

カラートリートメントは、薬剤等の嫌な匂いもなく、香りの良い商品が多く販売されておりますので、白髪染めの中ではもっとも簡単で、毛髪や頭皮に対してダメージなどを気にせず使用できる白髪染めになります。

白髪染めと黒髪染めの違い

白髪染めの最大の特徴は染毛力、つまり色素の配合量に大きな違いがあります。

白髪染めが色の無い白髪を染めるのに対し、黒髪は一度脱色を行い、色素を薄める必要があるので、必然と使用用途が変わってきます。白髪染めはすでに色素が抜けているので、しっかりと染めることがメインになってきますので、染毛力が高くなっています。
一方黒髪染は、希望のカラーになるように一旦毛髪を脱色し、メラニン色素を抜くことが必要になるので、染毛力が白髪染め用のカラー剤に比べて低くなっています。

男性用の白髪染めと女性用の白髪染めに違いはあるの?

白髪染めに、男性用や女性用という明確なものはありません。
成分等も大きな違いはありませんし、ダメージが異なる訳でも在りません。

では、なぜ商品が存在するのか?という疑問が生まれると思いますが、これは単に染め上がりの色味であったり、しっとり感、香り、ハリコシが違うというだけで、基本的には同じ白髪染めです。

お好みに合わせて使い分けるのも良さそうです。

ヘアカラーのメリット

セルフカラーの場合

まず、何と言っても手軽で安いことが一番です。自宅で他の事をしながらでもカラーリング出来るため、美容院に行かなくても短時間で出来ます。

また、最近では深夜まで営業しているドラックストアもあるので、思いついてすぐ買いに行ける手軽さも、セルフカラーの需要を高めていると思います。

美容院の場合

お客様の毛髪に合わせて最善のカラー剤を配合出来るので、ダメージ、仕上り、手触りなどに歴然の差が出るので、最小限のダメージでカラーリングが長持ちします。
また、頭皮の弱い方にも対応できますので、ほとんどの方が安心してカラーリングできます。

ヘアカラーのデメリット

セルフカラーの場合

セルフカラーの場合は、誰にでも簡単に染まるように配合されているので、ダメージが必然と大きくなってしまいます。繰り返し使用することで、次第にダメージが蓄積されて、美容院などでパーマなどの施術が出来なくなる可能性が高くなります。

更に、一度受けたダメージは回復することがないため、カットするしか方法が無くなってしまいます。

美容院の場合

美容院でのデメリットは、時間の拘束が長いことと、セルフカラーと比べて金額が高くなってしまうことが挙げられます。
サロンでの状況にも寄りますが、混雑時は滞在時間が長くなり、予約等も取りにくい場合もあります。事前に予約しておけば心配ないのですが、急遽予定が空いた場合でも、すぐ施術が出来ないこともあります。

また、担当者のレベルで仕上りが左右されるケースもあるので、髪の事を良く理解してくれる美容師を見つけるまではサロンを転々とする場合もあると思います。

白髪染めのヘアカラーをおすすめしたい人

白髪染めヘアカラーは、白髪が3~4割ほど生えてきた方や、しっかり染めたい方などにはおすすめのカラーリングです。また、染毛力が強く、色味が濃いので、暫くの間黒髪で通したい方などにはおすすめです。

ただし、白髪染めの特性上、一旦染めてしまうと明るくするのは容易ではないので注意が必要ですが、特性をしっかり理解して使えば、頼もしい味方になってくれるので、用法を守ってお使いください。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. 綺麗な髪色を保つ自宅でできるセルフケアの白髪染め間隔や頻度は?

  2. 市販の安いシャンプーでも良質なもの!おすすめのシャンプーと特徴

  3. シャンプーしていても止まらないフケ…原因とフケに効果…

  4. あなたを悩ませるくせ毛の改善方法とオススメのくせ毛シャンプー

  5. 薄毛が気になる!!女性におすすめの薄毛に効果のある育毛剤

  6. ヘアオイルでパサパサヘアからうる艶モテ髪に♡ヘアオイルの上手な取…

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 白髪染めには様々な種類がありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。白髪染めを始める前に正…
  2. 白髪を染めると見た目はいいけれど、髪の毛がきしむ・頭皮が傷むとお悩みの方も多いのではないでし…
  3. 目元をパッチリさせて印象をアップさせるためにマツエクをつけている人は多いと思います。ただし、…
  4. クレンジングバームご存じですか?ドラッグストアなどのお店で様々なクレンジング商品が販売されて…
  5. 毛穴の黒ずみってとっても気になりますよね。黒ずみを隠すために、ファンデーションを厚塗りする方…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る