menu
閉じる
  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプ…
閉じる
閉じる
  1. 白髪染めの前に知っておきたい!パッチテストの方法と重要性
  2. 市販の白髪染めをプロが選定!おすすめの白髪染めトリートメント
  3. 手軽さが人気の白髪染め!おすすめ白髪染めシャンプー
  4. 自宅ですぐに染めたい方に!おすすめの白髪染めヘアマニキュア
  5. 白髪染め用のヘアカラーのメリットとデメリット
  6. 綺麗な髪色を保つ自宅でできるセルフケアの白髪染め間隔や頻度は?
  7. オイルフリークレンジングならマツエクもOK!肌に優しいオイルフリークレ…
  8. 乾燥肌にはクレンジングバームがおすすめ!クレンジングバームの効果的な使…
  9. 毛穴の黒ずみをクレンジングでケア!効果的なクレンジング方法
  10. 洗顔ブラシで毛穴やくすみを撃退!?おすすめの洗顔ブラシと効果的な使い方…
閉じる

BeautyTokyo✨💕

綺麗な髪色を保つ自宅でできるセルフケアの白髪染め間隔や頻度は?

白髪を染めると見た目はいいけれど、髪の毛がきしむ・頭皮が傷むとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、白髪のメカニズムと一緒に、染めるときの注意点・美しさをキープする方法などをご紹介します。

元々の髪の毛の色は白い?!

髪の毛は、生えてきた時から黒いものだと思われている方もいるかと思いますが、実は違います。

髪の毛が生えてきたときには白いのです。白い髪の毛に、頭皮にあるメラノサイトが働きかけメラニンで黒くなります。白髪となって成長するのは、何かしらの原因があってメラノサイトが働きかけてもメラニンが入り込めないまま育っているからなのです。

髪の毛がメラニンに反応しない原因は、一つではない

白髪が目立つのは年齢のせいにしがちですが、若くても白髪が目立つ方もいます。年齢だけではないとするのなら、何が原因なのでしょうか。

女性ホルモンの影響

髪の毛や頭皮の働きなどのエネルギーの素となるのは「血液」です。貧血気味・血行不良と血液がうまく働くことが出来ない状態のとき、白髪となりやすい状態になります。

女性ホルモンで左右される生理前後・閉経に伴う女性ホルモンの減少で、血液の流れや栄養を届ける力が落ちて、白髪になりやすい状態へと繋がるのです。

ストレスの影響

ストレスを感じると血管が収縮し血行不良となることがあります。これによって血行不良が起こりやすくなり、頭皮への栄養が届きにくくなるのです。

ストレスは頭皮環境のバランスを崩し、髪の毛の生育を遅らせてしまうだけではなく、メラノサイトの働きを鈍らせ、髪の毛にメラニンを送る力も量も少なくなり、白髪へと繋がるのです。

食生活の乱れ・睡眠不足

食生活の乱れは、髪の毛の生育に影響があります。髪の毛に十分な栄養がないとメラニンを吸収する力が弱くなり、白髪ができやすくなるのです。

睡眠不足は、ストレスや女性ホルモンバランスの乱れに繋がるので、白髪へと繋がる原因の一つとなってしまうのです。

白髪のサイクルは、髪の毛の成長サイクルと同じ

髪の毛は、10~12万本と言われています。一本一本の成長が違うため、白髪がちらほらと目立つのは、成長に差があるからなのです。

髪の毛は「成長期」に生えて育ちます。成長期は約2~6年と幅広く個人差があります。この個人差がある成長期に、髪の毛がメラニンを吸収出来なかったり、メラニンが活発に働けない環境だと白髪となり成長していきます。

ちらほらと増えるように感じるのは、個人差・頭皮環境・スピード・メラニンといくつもの原因が重なっているからなのです。

白髪を染めるのに悩むのは、一本一本のスピードにあり

白髪を染めると決めても、次から次へと見えてくる白髪に面倒くささと、どう染めたらいいのか分からないという悩みが出てくるのではないでしょうか。

これは一本一本の成長期が違うからというのも原因となっているのです。それなら、綺麗に染めてキープしたいと願うものですよね。

白髪を染めるタイミングは?

白髪を染めるときに気を付けたいのがタイミングです。生理中にはどうしても女性ホルモンのバランスが崩れ、髪が染まりにくくなります。

しっかりと染めるためにも、生理中はもちろんですが、睡眠不足が続いたり栄養不足で肌が乾燥しているときにも頭皮環境・バランスが崩れやすくなるので、避けることをおすすめします。

白髪染めのタイプによって、頻度もダメージも変わる

白髪染めのタイプによって、綺麗な髪色をキープできる期間が変わってきます。キープできる期間が長いタイプのものが頭皮や髪の毛にダメージが大きいというわけではありません。

酸化性専門剤(ヘアカラー)の場合

酸化性専門剤は、30分という短時間で約2ヶ月ほど髪の毛のカラーをキープすることが出来ます。

しかし酸化性専門剤は、閉じて潤いを逃がさないように働く「髪の毛のキューティクル」を、カパッと開いて髪の毛の内部に染料を入れるという特徴があります。市販の白髪染めなどで染めたあとに、髪の毛のきしみ・乾燥・ぱさつきが気になるのは、酸化性専門剤が白髪を染める特徴によって、髪の毛の栄養や水分が外へ流れ出てしまうからなのです。

髪の色の美しさやカラーをキープできる時間が長いのがメリットですが、頭皮環境・ダメージは大きいというデメリットがあるのです。

カラートリートメントやカラーシャンプーの場合

カラートリートメントやカラーシャンプーは、約10分という短時間でバスタイムを利用して髪の毛を染めることが出来ます。

手軽で簡単にリラックスした中で染めることが出来るので、髪の毛も染まりやすく乾燥も感じにくいうえに頭皮や髪の毛にはダメージが少ないというメリットがあります。しかし、キープできる期間が1週間と短いため、染める頻度が多いのがというデメリットでもあります。

ヘナの場合

ヘナを利用して自分で髪を染めることが出来ますが、これはちょっと大変です。天然成分で作られているためダメージは少ないと言われていますが、素人判断で安易に使うと、時間をかけて自分で染めても、2週間キープ出来るはずが髪の毛が染まりにくい・髪の毛がきしむ・乾燥してしまうという事もあります。

ヘナを利用して染める場合には、美容院でスタッフの手を借りて染めることをおすすめします。ヘナを取り扱っている美容院は、数が結構ありますのでチェックしてみてくださいね。

それぞれのメリット・デメリットを理解しておくと、白髪を染めるタイミングや体調に合わせて選びやすくなりますよね。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

生え際の白髪や部分的な白髪は、部分染めを活用しよう

髪全体を染めても、髪の毛の成長期が一本一本が違うため、短い白髪もちらほら出てきて気になることがあるかと思います。そんなときには、部分染めを賢く利用しましょう。

マスカラタイプ・クリームタイプなど部分染めにもタイプがあります。髪の毛の根本を傷めないように、次の全体を染めるまでの期間・美容院へ行くまでの期間と髪に優しいタイプのものを使ってください。

髪の毛の根本のケアをすることで、これから生えてくる髪は白髪になりにくく予防が出来るのです。髪の毛を染めながらも、次に生えてくる髪の毛が白髪になりにくくするためのケアが出来るので、部分染めの活用もおすすめです。

髪の毛の根本の部分染めを使用する前に、ヘアアレンジも取り入れよう

分染めをする暇がないという時には、ヘアアレンジでカバーすることをおすすめします。白髪をカバーするポイントは「ふんわり」「ゆるめ」です。

こめかみ

こめかみ・こめかみ付近の白髪はカバーできない!と思われる方が多いのですよね。

ヘアアレンジの前にあると便利なのが、マスカラです。髪の毛用の部分マスカラが無い場合は、眉マスカラ・まつ毛マスカラ、などを塗って下地を作ります。そして、白髪の部分の髪の毛は、前髪やサイドをふんわりとさせ被せるようにすると目立たなく隠れたようになります。

まとめ髪にする場合には、低めのまとめ髪にしてトップと左右から髪の毛をゆっくりとひっぱり出すことで、ふんわり・ゆるめなヘアスタイルを作ります。

つむじ

つむじに白髪がちょっと出てきたなという時には、自身の髪をかぶせることで隠すことが出来ます。

まず、ハーフアップスタイルにしてつむじをカバーします。ねじってUピンで留める、を繰り返してもいいですし、髪をハーフアップしてからくるんと巻き付けてもオシャレです。つむじの部分がカバーでき、ふんわりトップになります。

分け目

分け目に白髪が目立つようになったり、クセが邪魔でアレンジが難しいという場合でも大丈夫です。分け目を変えてふんわり巻き髪で雰囲気を変えてみるのも一つです。

巻き髪でなくても、編み込みもふんわり・ゆるくアレンジすることでカバーすることができます。

 

自分の白髪が目立つ部分は「ふんわり」「ゆるめ」のアレンジでカバーすることがポイントです。

白髪は自分に合った方法で染めて、ヘアレンジでも楽しもう

白髪染めのタイプ、ヘアアレンジで白髪でもおしゃれに楽しむことが出来ます。
白髪とは長いお付き合いになるものです。楽しみながら仲良く付き合っていきましょう。

Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

関連記事

  1. あなたを悩ませるくせ毛の改善方法とオススメのくせ毛シャンプー

  2. ヘアオイルでパサパサヘアからうる艶モテ髪に♡ヘアオイルの上手な取…

  3. 白髪染め用のヘアカラーのメリットとデメリット

  4. シャンプーしていても止まらないフケ…原因とフケに効果…

  5. 手軽さが人気の白髪染め!おすすめ白髪染めシャンプー

  6. 市販の安いシャンプーでも良質なもの!おすすめのシャンプーと特徴

おすすめ記事

  1. アイプチでばれずに自然で理想的な二重まぶたになる!口コミで人気のアイプチとは!?

ライタープロフィール

Beautytokyo運営者
Beautytokyo運営者
「beauty-tokyo」で美容と健康に関する知識などを発信しています。

ピックアップ記事

  1. 白髪染めの前に「パッチテスト(皮膚アレルギー試験)」が必要なことをご存知でしょうか?白髪染め…
  2. 美容院での白髪染めはお金もかかるし時間もかかる。白髪染めヘアカラーは髪を痛めてしまうのであまり使いた…
  3. 最近良く耳にする白髪染めシャンプーについて、気になる商品をピックアップ☆口コミや公式サイトの情報等と…
  4. 「最近チラホラ白髪が目立ってきたなぁ。でも、傷むのは嫌だしカラーリングまではしたくない。白髪染めの種…
  5. 白髪染めには様々な種類がありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。白髪染めを始める前に正…

Twitterで更新情報を受け取る

関連サイト

MYドッグフード
ページ上部へ戻る